ハイフォンがラック・フエン港プロジェクトの投資証明書を授与

ハイフォンがラック・フエン港プロジェクトの投資証明書を授与

このプロジェクトの総投資額は64,000億ドンを超え、全長750m(各埠頭の長さは375m)の2つのコンテナターミナルの建設に投資し、8,000Teusに相当する最大100,000DWTのコンテナ船に対応させるためである。9月27日、ハイフォン市の経済区の管理委員会は、ハノイ市ロン・ビェン区、タック・バン町、サイ・ドンB工業団地、フイン・タン・ファット通りの1番地に所在しているHATECOグループ株式会社に第5埠頭と第6埠頭及びラック・フェン港湾の建設プロジェクトの投資証明書を授与した。このプロジェクトは、2021年4月3日付けの決定No. 299 / QD-TTgの投資政策について首相によって承認された。ハイフォン経済区管理委員会は2021年9月24日に投資登録証明書を付与した。このプロジェクトの総投資額は64,000億ドンを超え、全長750m(各埠頭の長さは375m)の2つのコンテナターミナルの建設に投資し、8,000Teusに相当する最大100,000DWTのコンテナ船に対応させるためである。【ベトナムの港湾システム開発に関するマスタープランの承認】船舶を受け入れるためのはしけバース、48テウスの容量のはしけ、港湾保護工事、倉庫システム、港湾サービスインフラ、船舶の停泊所、ラック・フェン公共航路に接続された水域である。 土地利用面積は約47haである。投資家は、投資登録証を取得した後、土地・企画・建設の手続きを行い、2021年12月に着工する予定である。操業開始後、このプロジェクトは、荷重が約2,500万トン/年で約600人の労働者を雇用する100,000 DWT / 8,000TEUコンテナ船を受け入れる需要に応える。HATECOグループ株式会社の取締役社長であるホァン・デイン・ツァン氏は、これが重要なプロジェクトであると判断し、所定の手続きの準備を完了するために全てのリソースに集中すると述べた。 それ以来、今年の終わりにプロジェクトの建設着工を予定する。首相によって承認されたスケジュールに従ってプロジェクトの運営を開始する。ハイフォン経済区管理委員会の代表として、ハイフォン経済区管理委員会の責任者であるレ・チュン・キエン氏は、関連機関と協力して、投資家がプロジェクトをスケジュールどおりに迅速に実施するための最良の条件を与えると述べた。さらに、投資家は全リソースを優先し、コミットされたスケジュールと品質に従ってプロジェクトを実行することに重点を置き、計画どおりに作業をすぐに実行できるようにする。北部にある省・県の海への玄関口である北部の海上交通ハブとして、埠頭5、6、埠頭1、2の建設が2018年から開始され、埠頭3、4は2021年5月に開始された。ラック・フェンHuyen埠頭のエリアを拡張して、2021年4月1日付決定No535/QĐ-TTgの投資政策について、首相によって承認されたスァン・カウ工業団地と非関税ゾーンに直接サービスを提供する。同時に、埠頭5と6への投資は、国際ゲートウェイ港となるラック・フェン埠頭地域の建設と開発にも大に役に立ち、市場の高まる需要に応え、北部の輸出貨物をヨーロッパとアメリカの市場に直接出すことに貢献する。

為替レート

Currency Buy Sell
EUR 25,774.14 27,194.90
GBP 30,486.16 31,759.89
JPY 193.23 204.37
KRW 16.63 20.25
SGD 16,457.51 17,145.11
THB 602.18 694.23
USD 22,630.00 22,860.00

Theo Tỷ giá ngoại tệ của Vietcombank.

国境-シーアイランド

日本の企業はベトナムの幼児教育市場に興味を持っています

日本の企業はベトナムの幼児教育市場に興味を持っています

日本の就学前教育の分野で事業を展開するキッズコーポレーションは、フランチャイズの形でベトナム市場に参入する計画です。

天気