第2回オンラインTPO会議

2021年7月8日の朝、アジア太平洋都市観光振興機構(TPO)は、都市や組織の代表者が参加する第2回オンライン会議を主催した。 ハイフォン市は、外務所と観光所の代表者を会議に出席させるために派遣した。

上から下へと会議に出席:TPO事務局長のKim Soo-il氏、UNWTO代表のHarry Hwang氏、Jeonu and Ulsan市(韓国)の代表であるRolandoCanizal氏である。 写真:外務所

TPO事務局長のキム・スイル氏によるオープニングスピーチの後、COVID-19パンデミックの際に影響を受けた世界の観光産業の概要、世界各国の困難と努力について、疾病管理の分野で、ワクチン接種とワクチン認証はいくつかの国で行われ、Busan、Jeonu、Ulsan(韓国)とPariaman(インドネシア)の会議の共同議長を務めた各市の指導者の代表が経済の復活・COVID-19の影響からの課題と世界的な課題に取り組む努力について自国・市・地域のメッセージを共有した。

ハリー・ファン氏は、世界的な海外移動と予防接種に関連する状況について共有した。 写真:外務所

会議は2つのセッションで構成された。i)セッション1は、全世界のワクチン導入の状況、海外旅行の正常化の概要及び海外旅行の正常化の解決策を含む2つのトピックに焦点を当てた。 ii)セッション2は、加盟都市からの質問と推奨事項に焦点を当てた。 具体的には、セッション1で、国連世界観光機関(UNWTO)のアジア太平洋地域のディレクターであるハリーファン氏が、COVID-19の流行が世界の観光産業、世界的なワクチン接種に与える影響に関連する側面、世界レベルでの観光産業の正常化と回復状況について共有した。

ハリー・ファン氏はまた、UNWTOが2020年に実施した活動(世界観光危機委員会が2020年3月以来9回の会議を開催したこと、UNWTOによるIATAと協力して展開された目的地監視のプロセスなど)を共有した。 ハリーファン氏によると、2021年の第1四半期に、世界の観光客の数は83%減少し、徐々にわずかな改善の兆しを見せた。 アジア太平洋地域では、引き続き94%の減少が見られた。

世界中の多くの国でワクチン接種が実施されたことで、一部の国では観光産業がだんだん改善された。 たとえば、ヨーロッパでは、欧州連合のデジタルグリーン認証により、今夏、欧州連合内での安全な移動の再開への期待が高まっている。この欧州連合の証明書は、2021年7月1日から欧州地域で実施された。2021年6月1日から、チェコ共和国、ブルガリア、デンマーク、ギリシャ、クロアチア、ポーランド、ドイツを含む欧州連合の7つの加盟国がこの証明書の公布を開始した。

新しい菌株の出現は、各国の運動管理とワクチン接種の実施に関する国の決定と協議に影響を与えた。 UNWTO / IATAのデータによると、世界の累積ワクチン接種率は2021年2月の100人あたり3.3回から2021年5月の100人あたり24.9回に増加し、ワクチン接種率はアジアでは低く(6%)、アフリカより高い(2%)、そして北米(37%)やヨーロッパ(32%)よりもはるかに低い。

ハリー・ファン氏はまた、ワクチンを配備している国は、各国に配備されているワクチンの有効性について、各国間の信頼に影響を与える可能性があることを共有した。従って、国間の信頼関係を構築することは、国境の開放と国際輸送を促進する上での貢献要因である。さらに、個人データとプライバシーの保護に関する懸念は必須であり、政府、国際機関、民間部門によって認識され、尊重され、保証されるべきである。すべての当事者によって保証される。

さらに、海外旅行を正常化するための措置を効果的に実施するには、利害関係者間の一貫性と緊密な協力が不可欠であり、証明書はワクチン接種の適用範囲を確認する。相互運用性と国際的な承認が必要である。

会議コーディネーターのRolandoCanizal氏は、国際観光を正常化するためのいくつかの解決策を共有した。 写真:外務所

観光行動に変化をもたらしたCOVID-19期間中、近い将来、機会は観光産業の課題と密接に関連している。問題は、運動を再開し、国際観光を回復するために、各国は何をするのかということである。 会議のコーディネーターであるRolandoCanizal氏は、流行期に国際観光を正常化し、再開するのに役立つ多くの解決策を共有した。

つまり、一貫したポリシーを実施し、eパスポートワクチン/ E健康証明書に基づいてスムーズな移動を促進する。 ワクチン接種の確認を容易にし、ワクチンを受けた観光客を容易にするための電子技術を適用する。 ワクチン接種率が同程度で感染率が低い国々の間でパートナーシップを構築する。 パッケージ旅行の目的地を宣伝する(隔離エリア付き); 安全な移動についての意識を高める。 効果的な官民協力を強化する。提案された対策は、国の実際の状況に基づいて検討する必要があり、国に適した中長期の適用時間レベルを具体的に特定する必要がある。

第2回TPOオンライン会議は2021年7月8日に加盟都市の参加を得て開催された。

会議での交流内容に貢献し、多くの加盟都市(韓国の釜山、イポインドネシア、中国のRizhao と Dujangyan、ベトナムのブン・タウ市とホーチミン市)の代表者が参加し、意見を交換し、能力を強化し、インフラと対応システムをアップグレードし、安全な観光環境を確立することができるために彼らの都市が実施対策を検討しているいくつかの解決策を共有した。それにより、旅行の再開を促進し、地元の観光の回復を改善するのを助けることができる。

Hai Phong Online Newspaper - baohaiphong.com.vn

리뷰 쓰기